セラーアカウント開設時のチェックポイント

売上げ受取り銀行

ペイオニアやワールドファーストから売上げを受取る日本の銀行口座は都市銀行がお勧めです。
無ければジャパンネットバンクの口座を開設しましょう。

地方銀行や信用金庫を受取り口座にすると受け取りの際に本人確認が必要になることがあります。
本人確認も本人が窓口に行って何の売上げが説明を求める銀行まであり、とても面倒です。

クレジットカード登録


Amazonにクレジットカードを登録する意味

本人確認のために登録時にクレジットカードへ小額の課金審査をかけます。

アマゾンセラーアカウントクレジットカード

これを振込み送金のときにも行います。

このアマゾンからの小額の審査を楽天カードは否認することが多いです。

他のカードもたまに止まります。

止まった場合はクレジットカード会社に連絡してアマゾンかたの打診にOKを出すように伝える。
あるいは、別のカードを登録します。

アマゾンで販売すればカンタンに1000万円前後のお金が稼げます。

アマゾンFBA
アマゾンなら即日売れる

大した手間もなく、直に商品が売れる。

こんなサイトはアマゾン以外ないので詐欺師も大量にアカウントを作ろうとします。
そのたまAmazonは様々なセキュリティーかけています。

グーグル翻訳アプリ、アマゾン日本語翻訳機能は使わない

グーグル翻訳アプリやアマゾン日本語翻訳機能を使ってアカウント登録や2段階認証の設定をするとバグにハマることがあります。

利用者の少ない日本語翻訳機能は翻訳精度もお粗末ですし、検証はされていないのでバグにハマり易いです。

過去に購入や販売アカウントを削除したことがある場合は相談してください

日本やアメリカ、オーストラリアAmazonなどセラーアカウントを閉鎖した覚えがある場合はアカウント作成前に相談してください。

相談なしで登録した事例

過去にアメリカAmazonのセラーアカウントを閉鎖

同じメールアドレスでオーストラリアAmazonのセラーアカウントを開設

即アカウント削除

自分からアカウントを閉じた人は事故が多いのでしょう
問題がある人と同じ行動をすると問題起こすと見なされることになります。