シンガポールAmazon


シンガポールは世界一物価が高い国と言われています。

シンガポールは軽犯罪に厳しい国として知られています。

ガムをシンガポールに持ち込んだら罰金(750万円10万ドル)
たばこのポイ捨ても罰金
缶やボトルを捨てたら「私はポイ捨てをしました」などと書かれたラベルを体に張り付け掃除をする罰を課せられる。

電車やバスなどの公共交通機関内や、駅構内での飲食は罰金
公共トイレの水を流さないと罰金
横断歩道を渡らないと罰金

同性愛禁止、同性愛が認められているオーストラリアと反対で、刑務所送りです。
マリファナ持っていたら死刑

明るい北朝鮮と言われています。
 
ちなみにアメリカとオーストラリアではいずれも全く問題なし
所変われば品変わるとは、まさにこのことですね。

シンガポールGDP
国内総生産の成長率

過去20年でGDPが2.37倍に成長

シンガポール特色

 

購買力平価GDP(USドル)ランキング

一人当たりのGDP = GDP ÷ 人口
購買力平価(PPP)は、「為替レートは2国間の物価上昇率の比で決定する」という観点により、インフレ格差から物価を均衡させる為替相場を算出している。各国の物価水準の差を修正し、より実質的な比較ができるとされている。

GDPランキング

シンガポール不動産価格

マンション価格125㎡で2億6千万円

カローラが1,000万円

キャピタルゲインが非課税

インターネットで買物する人の割合が高く
インターネットで買物する総額も大きい

始まったばかりのシンガポールAmazonは今が参入のチャンスです。

早く始めるのとどれだけ有利かオーストラリアAmazonの例

オーストラリアAmazonFBA在庫制限
Amazonは早く始めるのが有利

出品商品の許可が不要
FBA在庫制限も緩やか
Amazonはいす取りゲーム早く始めるのが有利