オーストラリアAmazon船便でFBA納品する送料

船便で納品しても送料は安くならない

リピート販売できる商品探しをしている段階では簡易通関が適用される発送方法をとる必要があります。

 

簡易通関とは

略式輸入手続き
Q 米国の小口通関制度について教えてください。

A 米国では2,500ドル未満の小口貨物は略式輸入(informal entry)として扱われ、通常の貨物よりも簡易な通関手続きが適用されます。ただし、繊維製品、その他の制限品目等は略式輸入の対象外です。

 

HSコードとは

主に関税率を決定するために商品を特定す7桁の数字

初めの2桁 5,900円 次の3桁 5,900円 次の3桁 5,900円

1種類の商品につき 17,700円が掛かります。

つまり10種類の商品を送ると 17万7千円掛かります。

 

 

オーストラリアAmazonFBA納品スケジュール

オーストラリアAmaoznFBA納品

オーストラリアAmazon船便利用の輸送スケジュール

5月14日締め切り

メルボルン港 6月9日着

シドニー港 6月16日着

船便FBA納品

船便で荷物を送る費用

 

メルボルン

一立方メートル辺り 38,686円
一回の発送辺り 47,033円

 

メルボルンに58×29×34cmの荷物を 1箱送る場合 (他の会員の荷物を合わせて10個の場合)

6915円

 

内訳

38.686円×0.58×0.29×0.34m=2,212円

47,033円÷10個=4,703円

 

 

5個だと11,618円

38.686円×0.58×0.29×0.34m=2,212円

47,033円÷5個=9,406円

 

100個だと2,682円

38.686円×0.58×0.29×0.34m=2,212円

47,033円÷100個=470円

 

 

月に1一度の納品にして荷物の個数を集めて送ったほうが得策

 

船便で送るメリット
大量に送る場合に運賃が安い
重い商品を送る場合に運賃が安い

船便で送るデメリット
配送日数が長い
荷物の扱いが雑

 

港から港まで

横浜港からメルボルン港まで
22日間

一立方メートル辺り 70USD(最低課金額105USD)+25USD+2,500円+3,980円(コンテナ混載料金)=17,595円
一回の発送辺り 4,000円

横浜港からシドニー港まで
25日間

一立方メートル辺り 60USD(最低課金額90USD)+25USD+2,500円+3,980円(コンテナ混載料金)=16,425円
一回の発送辺り 4,000円

 

港での作業費用
一立方メートル辺り 159.5AUD=12,441円
一回の発送辺り 273.5AUD=21,333円

 

通関手続き費用
一回の発送辺り 1万円

 

港からFBA倉庫までの送料

メルボルン: VIC3175, AU (MEL1) (Amazon warehouse)

一立方メートル辺り 110.91AUD=8,650円
一回の発送辺り 150AUD=11,700円

シドニー: NSW 2170, AU(BWU1) (Amazon warehouse)

一立方メートル辺り 99.24AUD=7,704円
一回の発送辺り 150AUD=11,700円